動画を閉じる

LPGハイブリッド車とは

LPGハイブリッド車は、ガソリンとLPガスふたつの燃料(ハイブリッド)を効率よく利用して走る、次世代の自動車です。

現在「ハイブリッド」というと、電動モーターとガソリンエンジンの2つの動力源を同時に装備している車が一般的です。
一方LPGハイブリッド車は、バイフューエル(Bi-Fuel)と呼ばれる、一つの動力源(エンジン)に、複数の燃料(ガソリンとLPガス)を用いる方式を採用しています。

バイフューエル(Bi-Fuel)の利点

LPガスはガソリンに比べて環境に優しく、燃料コストも大幅に安いエネルギー源です。
ガソリン車とLPG車は、エンジンが構造上ほぼ同じである火花点火内燃機関であるため、タンクの増設・燃料供給装置の追加・点火時期の調整等のシンプルな改造で、ガソリン車からLPGハイブリッド車へコンバートすることが可能です。
LPGハイブリッドシステムなら、お求めやすい価格で燃料コストが安く環境にも優しいバイフューエル車に改造することができます。

自動車用LPガス(オートガス)

LPGハイブリッド車は、エンジン始動時には着火性の良いガソリンを使用し、数分の暖気運転でエンジンが温まった後はコストの安いLPガスに自動で切り替わり、後はLPガスだけで走行することが可能です。
LPガスがなくなっても自動的にガソリンに切り替わるので、ガス切れで走行不能になる心配はありませんが、こまめにLPガスを補充することをお薦めします。

車用のLPガスを充填できるオートガススタンドは、全国に1,500ヶ所以上有りますので、あなたのお住まいの近くにもきっとスタンドが存在します。全国で走るタクシーの殆どがLPG車ですから、タクシーが走る街には必ずLPGスタンドがあります。

また、旅行や出張などの際でも、行き先近辺のLPガススタンドを弊社のLPガススタンド専用検索サイトで調べてカーナビにインプットしておけば、地元にいるのと何ら変わりなく不便はありません。検索サイトはスマホでもお使いになれますので、出先で急に必要になったときでも安心です。

LPGスタンド検索 QRコード

CO2削減に即効性・実際的効果が得られるLPG自動車

LPG車は都市環境(NOx、CO)に優れ、CO2発生量(ガソリン車比約−10%)が少なく、出力もガソリン車に劣らず、その上CO2より怖いPM(浮遊粒子状物質)や黒煙もほとんど排出しない、他の革新的技術に引けを取らない優れものです。燃料としても石油・天然ガスの採掘、精製時の随伴ガスであり、わざわざ生産する燃料ではないので、LPGの利用拡大は原油や天然ガスの使用量抑制にもつながります。それに、なんと言っても利用者は燃料代が4割近くも安くなり環境貢献もできるのです。

(独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構のレポートより抜粋)

『CO2削減に即効性・実際的効果が得られるLPG自動車について』の詳しいレポートはこちらのリンク先でご覧頂けます。

LPG車の歴史

日本で最初にLPG車が登場したのは1940年(昭和15年)ごろで、戦争によって不足していたガソリンに代わる自動車用燃料として、プロパン及びメタンに注目が集まったことがきっかけでした。戦後の1962年(昭和37年)、ガソリンに対して割安な燃料費や高オクタン価に目を付けたタクシー事業者が本格的に導入を開始したところ、極めて良好な結果を得たことにより、LPG車は瞬く間にタクシー業界に広まりました。この傾向は現在でも続いており、タクシーのおよそ8割はLPG車となっています。
初期のLPGタクシーのトランク内タンクの写真

(LPガス自動車普及促進協議会HPより抜粋)

世界のLPG車普及状況

現在世界におけるLPG車の普及台数はおよそ2,100万台(2011年)で、2000年の730万台から約3倍以上に伸びており、特にポーランド、トルコ、韓国では200万台を超えるなど、急速な普及が進んでいます。この背景には、排出ガスがクリーンなLPG車は大気汚染対策として最も現実的な解決策であること、また税制優遇等の政策的な誘導により価格が他の燃料に比べて相対的に安く維持されていることなどが挙げられますが、いずれにせよ世界ではLPG車は高い評価を受けていることを証明しています。

世界のLPG車普及状況の図

(LPガス自動車普及促進協議会HPより抜粋)

ケイテック株式会社へ電話でお問い合わせ

ケイテック株式会社へメールでお問い合わせ